« MBA (モバイルビジネスアカデミー) マスターコース | トップページ | ルリ Model 3 »

ふっくら美人になりたい女の子、この指とーまれ!

ふっくら美人になりたい女の子、この指とーまれ!
 詳細はこちら

痩せギスも虚弱体質もカモーン! 健康的にキレイにふくよかボディになる方法、栄養学博士と作りました!

ふっくら 美人になる方法

太る方法、プロと一緒に作りました。あなたに捧げる「ふっくら美人になる方法」
『ふっくら美人になりたい女の子、この指とーまれ!』
もちろん、デブやぽっちゃりとは違います。健康的に美しく、貧相な体と決別!

やっぱり健康で元気な子が素敵!

「また太った?」「デブ!」は、タブーなのに、
「また痩せた?」「細!」はOKなんて、オカシイと思う!

そう。世の中、まったくもって理不尽です。
同じなんですよね。
言葉こそ違えど、あなたに対して、“まったくデリカシーのないこと”を
言っているという意味では、どっちも微塵も違わない。
「そんなに痩せてたら、女としての魅力ないよ」も、
「そんなに太ってたら、女としての魅力ないよ」も、
相手を傷つけてることは同じ。なのになぜ…。
「痩せてるほうだって傷つくんだよ! アホー!」
なんだか、
みんな痩せたがってるのに、アンタは痩せてるんだからいいでしょ? 的な、
言葉の暴力がまかりとおってると思いませんか?
人より痩せているというだけで、好きなように言われてしまう…。
ほとんどサンドバッグ状態のあなた。
周りの子たちと同じでいい。
もう少しだけ、自分の体にお肉がついていたら、
人生そのものが変わっていたかもしれないって、思いませんか?

「アタシ、なんでこんなにガリガリなん…?」

私がまだ関西に住んでいた頃。
ある夏の日、彼女の部屋にてーー。
「アタシ、なんでこんなにガリガリなん?」
彼女は、私の目を見つめながらそう言ったかと思うと、みるみるうちに泣き顔
になっていきました。
正直、びっくりしたんです。
彼女はとても強い人で、めったなことでは泣かない人だったんです。
ごくごくたまに、何かがハジけたようにドッと泣きだすことはあったんですが。
でも、“痩せてること”で泣いたことはなかったものですから、
ちょっとその時は、何て言っていいかわからなかった。
とにかく、ひとつわかったことは、“ああ、気にしてたんだな”って。
彼女の背中をポンポンとたたきながら、
“自分でもギャグにしてたのにね。ずっとイヤだったんだね。痩せてること”って。
彼女、30 分ぐらい、しゃくりあげてました…。

ありゃ。ごめんなさい! なんだか湿っぽい話に(笑)。
このへんで自己紹介をしておきます。…続きを読む

|

« MBA (モバイルビジネスアカデミー) マスターコース | トップページ | ルリ Model 3 »