« 宮川明のインターネット起業短期成功バイブル | トップページ | ちょっと通りますよ〜 Yahoo!Days自動足あとソフト 〜【返金保証付】★豪華特典付★ »

インド株で利益率25%を達成した著作者によるインドIT企業視察体験記・方法

インド株で利益率25%を達成した著作者によるインドIT企業視察体験記・方法
 詳細はこちら

実際に自分の目でインドのIT企業を視察してインド株への投資を決めました。!!!

インド株研究会
〜バンガロール@インドIT企業視察体験記〜

1、なぜインド株が注目されるのか?
・米国の証券会社ゴールドマンサックス証券が、BRICs(ブラジル、ロシナ、インド、中国)についてのレポートを発表し、
今後50年で、BRICsが高い経済成長を達成することを示しています。その中でインドは人口が増加し続け、2030年代には
中国の人口を上回るという見方を示しております。年率8%もの高い経済成長を維持することが予測されます。
(世界第3位の経済大国になる可能性)

2、バンガロールとは
インドの南部、デカン高原上に位置する「インドのシリコンバレー」といわれるIT企業が多数存在する都市で、世界中から
企業が進出しております。日本企業では鈴木自動車が進出して成功しています。また、現在、建設ラッシュでバブル期を
迎えています(例:5年前に1ルーム100万円相当のマンションが現在800万程度に上昇しています。
以前は軍需産業および引退後の保養地とされていました。また、気候が温暖で1年間を通じてエアコンが不要なところが
経済的な発展の一因となっているといわれております。。
3、バンガロールの名前の由来
この街の名前はある物語に由来します。
1120年チョーラ王朝のヴィーラバララ2世が、狩をしていて、森に迷ってしまいました。
そのとき、一人の貧しい女性が、空腹の彼に豆を煮て食べさせてくれました。
彼は、この場所をカンナダ語で"Benda Kalooru(ベンダカルール=煮豆の街)"と呼んだのでした。
4、バンガロールに行こうと思った理由
IT企業に対する投資先の視察およびホームスティ、マザーテレサ施設でのボランティア活動、英会話 など。

ホームスティ先の同じアパートに
住んでいるの子と記念撮影

ホームステイ先のジャヤンテ夫妻
とても日本語が上手で親切な方々でした。

バンガロールの方々はとても
フレンドリーで挨拶すると
必ず笑顔で返してくれます。

バンガロール建設の祖
ケンペゴウダKempeGowdaの
像の前で記念撮影

インターネットを使用しながら
英会話のレッスンを受ける。
インドは元英国植民地なので
英語を使用する。
インドの学校で子供達は、
ヒンドゥー語、英語、
そしてその州(昔の国)のローカル語を
勉強する

バンガロールのマザーテレサの施設で
ボランティアを行う…続きを読む

|

« 宮川明のインターネット起業短期成功バイブル | トップページ | ちょっと通りますよ〜 Yahoo!Days自動足あとソフト 〜【返金保証付】★豪華特典付★ »