« 就活面接必勝マニュアル | トップページ | 【6月15日値上げ】超モテモテ プレイボーイ大変身マニュアル »

生命保険最適化ライト版

生命保険最適化ライト版
 詳細はこちら

ファイナンシャルプランナーより、生命保険最適化運動を提案します。

LIO(Life Insurance Optimization)、生命保険を最適化するムーブメント

はじめまして、ファイナンシャルプランナー矢嶋です。
ファイナンシャルプランナーとは顧客の夢や理想を叶えるための資産形成プランを提案、作成する職業です。簡単に言えば人生設計の相談役?いやプロデューサーみたいな者です。
そんなファイナンシャルプランナーからどうしても伝えたいことがありこの手紙を書きました。
誰に?もちろんあなたにです。
ちょっと長い手紙になるので姿勢を楽にして、可能なら寝転がってお読みください。
いいですか?
・・・・はじめます。

例えばこんな話があった、
毎月、支出するお金、それは家賃、水道光熱費、食費、交際費、生命保険料・・・・、それを全部払ったら、手元に何も残らなかったかもしれないと仮定します。
それは日々の命を繋ぐだけの人生、家族を養うだけの人生です。
「何のために生きているのだろう・・・。」
そのような漠然とした疑問を抱きつつも、家族仲良く暮らしていけるだけマシだと、自分を無理やり納得させる日々。
そのモヤモヤした日常に変化が生じる。
物価上昇
どうする?生きていくために何を削る?
家賃を払わなかったら住む所がなくなる、つまり住所不定・・・それは嫌。水道光熱費を節約しても雀の涙。食費を削って身体を壊すのは何か嫌。交際費を削れば友達も削ることになるので、少し嫌。
さて、残るは生命保険の保険料ぐらいだが・・・。
削って大丈夫だろうか・・・・。
もし、病気になって、入院や手術でもしたら困る・・・・。
・・・・仕方がない、このまま払い続けよう・・・・。
背に腹はかえられない・・・。
そして、また払い続ける・・・・、いつ使うか、わからない保険の保険料を・・・。

このように、いつ、何に使うか具体的ではない生命保険に保険料を払い続けている人は多い。
きっとあなたも、その内の一人でしょう。
もったいない。これではせっかくの生命保険も宝の持ち腐れです。
そもそも、あなたが生命保険に求めるものは何ですか?
万が一のためですか?
まぁ、それは当然なんですが・・・・。
でも私はこう思うのです。
生命保険は安心するために利用する。
これが生命保険の真の価値であると思うのです。
考えてみてください。我々はリスクの脅威にさらされながら生きています。
ここで言うリスクとは…続きを読む

|

« 就活面接必勝マニュアル | トップページ | 【6月15日値上げ】超モテモテ プレイボーイ大変身マニュアル »