« 面白いほどよくわかる!【 繁盛店の作り方 】宣伝費ゼロでも毎月売上30万円アップ!そんな不思議なカットサロンの秘密 | トップページ | 史上最強の資格バイブル〜直前期攻略編〜 »

流れてくる音楽を聴いてパッ!と即興演奏する方法1

流れてくる音楽を聴いてパッ!と即興演奏する方法1
 詳細はこちら

“理論抜き”〜初心者のための即興入門〜





流れてくる音楽を聴いて
パッ!と即興演奏する方法1“理論抜き”〜初心者のための即興入門〜※本来、一冊でお売りしていたものを二冊に分けました。2は、理論的な内容を重点的に勉強するもので、使いやすさの点を考え、2冊に分けました。2は編集中です。※即興と作曲を混合しないでください。作曲は、「作曲技法」の勉強や、「和声学」などさまざまな学問を習得する必要があります。キャラクターピース!をきっかけとしてはじまった「パッと!シリーズ」は、あっというまに本書で5冊目となる。はじまりは、初見を苦手とするとあるピアノ教師に、「なぜ、初見ができるのか?」と質問されたことである。なぜ?そう聞かれると、自分でもなぜだろうと疑問に思う。そして、初見という能力を、テクニックとして意識するようになり、教室の生徒達に初見を教えるプログラムを作り始めた「パッ!とシリーズ」は、「初見」「移調」「アレンジ」「聴音」そして今回の題材である「即興演奏」でシリーズを完結する予定である。なぜ「即興演奏」が最後なのか?それは、この即興演奏は、「初見」「移調」「アレンジ」「聴音」を総合的に学習して、初めて身につくものなのである。この5つの能力を身につけるとき、さまざまな部分で学習項目が重なる。本書以外にこのシリーズをお読みいただいている方は、わかると思うが、重複している部分がかなりある。また、「パッ!とシリーズ」でなくても、即興演奏に関する方法を書いた本には、「初見」や「移調」「聴音」を身につけろ!と書いてあり、「初見」の本には、「移調」「聴音」「即興演奏」を身につけろ!などとたいていの本には書いてあるものである。つまり、これらの能力はつながっているのである。わけて考えるのが間違っているのかもしれない。そして、ここに一つ加えるとしたら「視唱」。楽譜を見て正確に歌う技術である。「初見」「移調」「アレンジ」「聴音」「視唱」「即興」を一つの能力として考えるとき、この能力に何と名づければよいか?それは、間違えなく「即興」であろう。なぜ「視唱」を加えたかといえば、イメージ力を向上させるトレーニングであるためだ。たとえば、今、あなたが頭の中に「すばらしいメロディー」が浮かんだとする。そのメロディーを楽器で演奏しようと思ったら、必要な能力は何か?もちろん、先ほどの説明どおり、さまざまな能力が…続きを読む

|

« 面白いほどよくわかる!【 繁盛店の作り方 】宣伝費ゼロでも毎月売上30万円アップ!そんな不思議なカットサロンの秘密 | トップページ | 史上最強の資格バイブル〜直前期攻略編〜 »